WiMAX2+の無制限プラン「ギガ放題」とは?料金最安はどこ?本当に速度制限はないのか

更新

ギガ放題

 

通信速度制限がかからないと話題となった、WiMAX2+の無制限プラン「ギガ放題」とは一体どんなものなのでしょうか?
ここでは、

  • 「ギガ放題は本当に速度制限がかからないのか」
  • 「ギガ放題のメリット・デメリットはなんなのか」
  • 「ギガ放題の料金最安プロバイダはどこなのか」

について詳しく紹介していこうと思います!

WiMAX2+の無制限プラン『ギガ放題』とは

今では各プロバイダで、WiMAX2+の新プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題」(または「ギガ放題」)が発表され、注目が集まっています。

 

これまでは通信量の制限が評価を落としていた

これまで、WiMAX2+のユーザーにとって、月間7GBというデータ通信量の制限ラインは悩みのタネの1つでした。

 

特に、2018年の4月には通信量無制限が売りのWiMAXが完全にサービスを終了し、WiMAX2+も契約3年目からは通信量の制限がかかってしまうことから、一部のヘビーユーザーを中心に、『更新時には他の通信サービスに乗り換えた方がよいのではないか』という声も出ていたほどです。

 

そんな時に登場したのが『ギガ放題』です!

WiMAX2+の無制限プラン『ギガ放題』のメリット・デメリット

メリット

 

さて、魅力たっぷりの、WiMAX2+の無制限プラン「ギガ放題」ですが、メリット・デメリットはどのようなものがあるのでじょうか?

 

ギガ放題の2つのメリット!

まずは「ギガ放題」のメリットから知っていきましょう。

通信量月間7GBのラインが撤廃!

メリットの1つ目は、もちろん月間7GBだった通信量の制限がなくなることです。
限各プロバイダにて2年〜4年の契約で、通信量無制限の使い放題が実現します。

 

7GBプランとの切り替えができる!

しかも、基本的にはいつでも7GBプランからの切り替えができます。
通信量が月によって差がある人でも利用しやすい方や、思っていたよりも通信料が掛かっていた方には嬉しいサービスとなります。

 

しかし、ここで注意したいのがWiMAX2+の無制限プランである「ギガ放題」が登場したからと言って、速度制限の壁が全廃された訳ではないという点です。

 

ギガ放題の2つのデメリット!

続いて「ギガ放題」のデメリットや注意点について書いていきます。

ハイスピードプラスエリアモードだとこれまで同様制限あり

au 4G LTEを併用する「ハイスピードプラスエリアモード」で契約する場合には、従来通り月間7GBの制限の対象になりますから注意が必要です。

 

WiMAX 2+での通信とau 4G LTEでの通信の合計が月間7GBを超えてしまうと、128kbpsまで制限されるので気を付けましょう。

 

3日間で3GB⇒10GBの上限は継続

また、3日間で3GB⇒10GBという上限はそのまま残っている点も注意が必要です。

 

2017年2月2日から、速度制限になる通信容量が「3日で3GB以上の利用」から「3日で10GBの利用」と変更。
これにより便利にWiMAX2+を利用できるようになっています。

 

また、速度制限になった際の通信速度も、以前までは700Kbps程度と言われていましたが、これも1Mbpsほどと速くなりました。
なお、1Mbpsという通信速度はUQWiMAXによると、通常画質の動画やLINEの送受信は快適と言われています。

 

3日間で10GBを超えた場合どうなる?

もし3日間で10GBを超えてしまった場合でも、通信制限がかかるのは翌日の18時から26時のみです。

 

ですから、制限日の次の日からは元通りですし、お家にWI-FIが飛んでいる方などは全く気にならないでしょう。

 

さて、ギガ放題のメリット・デメリットをご紹介したところで!
ギガ放題が使えて、なおかつ一番月額利用料が安いプロバイダがどこか気になりますよね。

 

結論からお伝えすると、「WiMAX2+プロバイダ別「ギガ放題プラン」を比較してみた!」でも解説している通り、『Broad WiMAX』になります!

 

>>BroadWiMAXの公式サイトはこちら!<<

BroadWiMAX

 

のちほど詳しく説明しますが、BroadWiMAXは他のプロバイダの月額料金が大体3,600円前後〜なのに対し、月額料金が「2,726円〜」と最安値となっています。

もちろん安いからといって他のプロバイダとサービスは変わらないですし、端末も最新のものを選択できます。

WiMAX2+ギガ放題で1番料金最安のプロバイダはこれだ!

さて、次はギガ放題を使うならどのプロバイダが良いのか、という点で考えていきます。
今、各社最新のWiMAX端末を選択できるので、違いは「料金」のみとなります。
早速ですが、プロバイダ各社のギガ放題の月額料金を見てみましょう!

 

WiMAX2+【ギガ放題】のプロバイダ別月額利用料一覧

WiMAXの料金設定の注意点として言えるのは、大体どこのプロバイダも月ごとや年ごとで料金が変わる点です。それも踏まえてみていきます。

プロバイダ名 BroadWiMAX So-net カシモWiMAX GMOとくとくBB UQ WiMAX
初期費用 \3,000 \3,000 \3,000 \3,000 \3,000
1ヶ月目 \2,726 \3,380 \1,380 \3,609 \3,880
2ヶ月目 \2,726 \3,380 \3,480 \3,609 \3,880
3ヶ月目〜12ヶ月目 \3,411 \3,380 \3,480 \4,263 \3,880
13ヶ月目〜24ヶ月目 \3,411 \4,379 \3,480 \4,263 \3,880
3年目〜 \4,011 \4,379 \4,079 \4,263 \3,880
4年目〜 \4,011 \4,379 \4,079 \4,263 \3,880

 

上記、大手5社のギガ放題プランの月額料金を紹介しました。
1ヶ月目のみ、『カシモWiMAX』がキャンペーン価格で最安値となっていますが、その他の期間に関しては、ずっと『BroadWiMAX』が最安値なんです。

 

UQ WiMAXの「新ギガ放題」は「2年更新あり」で契約した場合、料金が契約期間中ずっと変わらず3,880円。
3年間で計算すると139,680円になり、UQ WiMAXでも十分安いのですがやはりBroadWiMAXの3年間128,626円には届きませんでした。

 

という事で結論は…

ギガ放題No.1プロバイダはBroadWiMAX!

Broad WiMAXBroad WiMAX

 

ギガ放題のもっともおすすめのプロバイダはBroad WiMAXです!

 

ギガ放題プランの平均的な月額料金は3,600円以上なのに対し、BroadWiMAXは2年目までは3,400円程度。
たった200円の差ですが、塵も積もれば山となります。

 

また、現在初期費用無料キャンペーンを実施中です。
このキャンペーンを適用するには、最初にオプションに加入する必要があります。

  • 安心サポートプラス:550円
  • MyBroadサポート:907円

ですが、どちらも端末到着後に、すぐに無料で解約することが出来ます。

 

この後説明しますが、他のプロバイダの「キャッシュバックキャンペーン」に比べものすごく親切なキャンペーン適用方法です。

 

キャンペーンを適用したら最安値は『GMOとくとくBB』!でも…

実は、キャッシュバックキャンペーンを行っている『GMOとくとくBB』なら、キャッシュバック金額が非常に高いので(約3万円程度)、適用すれば最安値になります。
ただ、これには落とし穴があるんです。

 

キャッシュバックを貰えないトラブルが頻繁に発生!?

実は、高額なキャッシュバックキャンペーンは次の2つの大きな落とし穴があります!

  • 受け取り手続きが手間、もしくは条件付き
  • 受け取り手続きをするのがずいぶん先
  • 受け取るのがずいぶん先

GMOとくとくBBの場合は、「11ヶ月後」にメールが来るので、それに返信をして手続きをしないとキャッシュバックを受け取れません。
これにより、キャッシュバックの貰い忘れや、貰う条件を過ぎてしまった人が多いらしく、実際にネット上などでもよく見ます。

 

 

ですので、高額キャッシュバックはありませんが、継続してお得なBroad WiMAXはとてもおすすめです。

 

>>BroadWiMAXの公式サイトはこちら!<<

BroadWiMAX


普段使っているデータ通信量はどのくらいなのか?

通信量

 

さて、さきほどギガ放題プランでは「月間7GBの制限がなくなり、3日間3GB→10GBの制限になった」と説明しました。
ギガ放題ではなく、通常プラン(ライトプランなど)では、月間7GBの制限があります。

 

ギガ放題プランを選べばいいのか、通常プランを選べばいいのか…この「7GB」というラインに対して新たな疑問が出てきます。
”3GB”や”7GB”ってそもそもどのくらいの容量なのでしょうか?

 

一番気になるポイントとしては「普通にネットを使って超える容量なのかどうか」という点だと思います。
もちろんこの”普通”というのは人それぞれで基準が全く異なります。
動画やゲームをよく利用する人は当然使うデータ容量は多くなりますし、そうでない人は実は全くかかっていないかもしれません。

普段使っているのはどのくらいの通信量なのか?

そこで、パソコン、スマートフォン、それぞれで利用するさまざまなネットツールがどのくらいのデータ容量を消費しているのか紹介していきます。

 

データ通信量の目安まる分かり一覧表!

※数字はあくまで概算です。

パソコンを利用した場合

内容

消費データ容量

3GB

7GB
※通常プラン1ヶ月の上限

メール(テキストのみ)

約0.4MB

約100,000通

約230,000通

サイト閲覧(1ページ)

約3MB

約1,000回

約2,300回

地図ソフト(GoogleMapなど)

約3MB

約16時間

約37時間

動画閲覧(Youtubeなど)

約10MB/分

約1時間

約2時間20分

 

スマホを利用した場合

内容

消費データ容量

3GB

7GB
※通常プラン1ヶ月の上限

メール(テキストのみ)

約0.2MB

約200,000通

約460,000通

サイト閲覧(1ページ)

約0.3MB

約10,000回

約23,000回

LINE通話

約0.3MB/分

約170時間

約390時間

地図ソフト(GoogleMapなど)

約1MB/分

約48時間

約100時間

動画閲覧(Youtubeなど)

約4MB/分

約12時間

約28時間

 

こうして見てみると、まずは使う端末がPCなのかスマホなのかでかなりデータ通信量が変わることが分かりますね。

 

パソコンの利用だとサイトの閲覧だけでも、1ヶ月で7GB超えそうな人も結構いるのではないでしょうか?
1ヶ月を7GBで過ごすとなると、約2,300ページなので、1日で利用できるのは約75ページまでとなります。

 

ですので、ニュースサイトやネットショッピングなどを日常的に利用している人だと月末に制限がかかるのではないでしょうか?
また、スマートフォンでも動画を毎日1時間以上閲覧すると7GBを超えてしまいます。

 

このような使い方をしたい人はWiMAX2+の通常プランではなくギガ放題の方がおすすめといえます。

auのギガ放題「データMAXプラン」は高いの?安いの?

ここ最近、「au ギガ放題」という検索ワードでこのページに辿り着く人が多いようです。

 

2019年夏から始まるauの新しいプラン、「データMAXプラン」が、月間データ容量無制限のプランなので、『ギガ放題』と検索する人が多いのかもしれません。

 

ギガ放題といえば、WiMAX2+の代名詞でした。
でも、大手携帯電話会社がギガ放題プランを打ち出してきたら、『もしかしてWiMAXを契約する必要はないのでは?』と気になりますよね。

 

そこで!

 

auの「データMAXプラン」が本当に安いのか、それともやはりWiMAXを併用した方が安いのか、徹底比較してみました。

※ちなみに、docomoの新料金プラン「ギガホ」は、ギガ放題っぽいプラン名ですがデータ容量無制限ではないですね…。実際には30GBの制限アリです。

 

ちなみに結果からお伝えすると、
「au データMAXプラン」を契約するよりも、「auの最安値プラン」+「BroadWiMAXのWiMAX2+ギガ放題を契約した方が月間約3,000円くらい安いです!

 

まず、auデータMAXプランの料金は?

通話定額ライト

通話定額

データMAX月額料金

8,980円

8,980円

通話料金

700円

1,700円

月額合計料金

9,680円

10,680円

※最初の6ヶ月間

-1,000円引き

-1,000円引き

auスマートバリュー加入の場合

-1,000円引き

-1,000円引き

家族割(2人で加入)

-500円引き

-500円引き

家族割(3人以上で加入)

-1,000円引き

-1,000円引き

※通話定額ライトは5分以内の国内通話が無料。

※通話定額は国内通話が24時間無料

※テザリング、データシェアの場合、データ容量の上限は20GB

データMAXプランは割引が適用されないとあまり安くない!

公式サイトでは「5,980円〜」となんだか安そうに記載されているデータMAXプランですが、この金額は

  • 最初の半年のキャンペーン金額
  • auスマートバリューに加入している場合
  • 家族3人以上が契約している場合

という3つの割引額をすべて適用した場合の金額です。
その為、何も適用されない場合(6ヶ月後の場合)は通常料金8,980円+通話プラン(700円or1,700円)という金額になります。

 

通話はあまりしない人なら、最大で「9,680円」
かけ放題がいいなら、最大で「10,680円」です。

 

では、auの最安プラン(auピタットプラン〜1GB)+WiMAXギガ放題を契約した場合の金額を比較してみましょう。

WiMAX2+の料金は、最安値プロバイダのBroadWiMAXで計算しました。

auピタットプラン+WiMAXギガ放題の料金は?

スーパーカケホ

カケホ

au月額料金

3,480円

4,480円

※最初の1年間

-1,000円引き

-1,000円引き

auスマートバリュー加入の場合

-500円引き

-500円引き

WiMAX2+ギガ放題の料金

3,411円(※1)

月額合計料金1年目

5,891円

6,891円

月額合計料金2年目

6,891円

7,891円

※1:BroadWiMAXの3〜24ヶ月の月額料金

※スーパーカケホは5分以内の国内通話が無料。

※カケホは国内通話が24時間無料

比較結果!

auデータMAXプラン

au最安値プラン+WiMAX2+

差額

通話定額ライト

スーパーカケホ
最大月額料金

9,680円

6,891円

2,789円

通話定額

カケホ
最大月額料金

10,680円

7,891円

2,789円

 

上記の表を見比べて貰えればわかる通り、
『auのデータMAXプラン』と『auの最安プラン(auピタットプラン〜1GB)+WiMAXギガ放題』だと、約3,000円も後者の方がお得なことがわかりました!

 

年間だと2,789円×12ヶ月=33,468円も節約できます。

 

auでギガ放題を最安で利用したいなら、データMAXプランを選ぶよりも、WiMAX2+と併用した方がお得なんですね。

 

WiMAX2+のプロバイダは、最安値のBroadWiMAXがおすすめです。

 

>BroadWiMAXの詳細はこちら!

 

【さらに落とし穴】デザリングは20GBの制限がある

またWiMAX2+は機種によっては最大15台以上の機器(PC・タブレット・スマホetc)と接続が出来る機能がありますが、もちろん何台繋いでも月間データ容量は無制限です。
しかし、auのデータMAXプランは、WiFiをほかの機器でも使えるようにするデザリング機能の月間データ容量は20GBとなっています。

 

スマホだけでなく出先でPCやタブレットでネットを見たい人は、やはりWiMAXを選ぶとよいでしょう。

auの人はauスマートバリューmineに入るべき?

auの携帯ユーザーの人は、WiMAXと一緒に利用することで「スマホ代が最大月額1,000円ほど割引」になる「スマートバリューmine」というサービスがあります。

 

このスマートバリューmineですが、「最大」1,000円引きと謳っているだけあって、誰もが1,000円割引になる訳ではありません…。

 

WiMAX2+のギガ放題プランを利用しようと考えている人で、スマートバリューmineに入ろうか悩んでいる人にとって、注意すべきポイントが2つあります。

 

  • スマートバリューmineの割引金額はお使いの電話とプランによって変わる
  • スマートバリューmineを適用する場合WiMAXギガ放題プランの金額が少し高くなる

 

…これ、結構大きな落とし穴ですよね。
特に2番目。
本当にお得なのかどうか計算するのが、かなり面倒です。

 

そこで、おすすめのBroadWiMAXを例に見ていきたいと思います!
通常のギガ放題プランと、ギガ放題auスマホ割プランでは料金が変わります。

 

※ちなみに「スマートバリュー」と「スマートバリューmine」は完全に別物です!
 また「スマートバリュー」の割引と「スマートバリューmine」の割引は併用出来ないのでご注意下さい。

BroadWiMAXの通常ギガ放題プランとauスマホ割プラン(ギガ放題)の料金比較表

プロバイダ名 1〜2ヶ月目 3〜
24ヶ月目
3年目〜
BroadWiMAX
通常ギガ放題
\2,726 \3,411 \4,011
BroadWiMAX
auスマホ割ギガ放題
\3,695 \4,380 \4,380
差額 \969 \969 \369

 

上記を計算すると、2年目までは、「969円」の差額、3年目からは「369円」の差額という事がわかりました。

 

ということは、少なくとも2年目までは、スマートバリューmineの最大値引き額である「1,000円」が適用されないとお得ではないという事になります。

 

※割引額の詳細についてはauのホームページで確認をお願いします。

auスマートバリューmineの最大値引き額が適用されるのは?!

この最大1,000円の値引き額が適用されるのは、なんと一握り!

 

  • auスマートフォンを使用していて「auピタットプラン」で「2GB超〜20GBまで」のデータ量を利用している人
  • auスマートフォンを使用していて「auフラットプラン」を選択している人

 

以上です!

 

上記に当てはまる人だけ、auスマホ割(ギガ放題)を選択し、auスマートバリューmineに加入することをおすすめします。

 

それ以外の人は、通常のギガ放題プランを選択し、auスマートバリューmineの割引は適用しない方が、少なくとも2年間はお得になります。

 

3年、4年と長く使う予定の人は、「auスマートバリューmine割引対象」であるかどうかをしっかり確認したうえで加入を決めましょう。

 

ちなみに「auスマートバリュー」に加入している人は、そちらの割引の方がお得なので、auスマートバリューmineに加入する必要はないです。

 

・・・本当にややこしいですね(汗)

まとめ

ギガ放題まとめ

 

このように、WiMAX2+の無制限プランの『ギガ放題』は多少注意すべき点はありますが、多くの利用者にとってはこれまでよりもメリットが多いプランだと言えます。

 

上でも説明しましたが、下記のような使い方をする人にはWiMAX2+の無制限プランの『ギガ放題』はおすすめです。

  • パソコンを使う人
  • スマートフォンで動画をよく見る人
  • 出先でPC/スマホ/タブレットを利用する人

値段はこれまでより多少高額となりますが、ご自宅用などの固定回線の月額利用料(+プロバイダ利用料)と比較すると安くなるケースがほとんどなので、この際にギガ割に一本化するのも良いかもしれませんね!

 

おすすめプロバイダについては、こちらもご参考下さい。

 

>WiMAX2+キャンペーン比較&おすすめプロバイダランキング