WiMAXの乗り換えは違約金負担キャンペーンを利用しよう!おすすめプロバイダを紹介!

更新
WiMAX違約金負担

 

WiMAXをお使いの方の中には他社に乗り換えたいな、と思う方も多いのではないでしょうか。
でも、そんなときに心配になってくるのが違約金(解約料金)の負担です。
解約時期によっては2万円程度かかる場合もあり、大きな出費になってしまいますよね。

 

実は、違約金負担をなるべく減らして、お得に乗り換えできるキャンペーンをやっているプロバイダがあるんです。
今回はそんなWiMAXの乗り換えをお得にできる情報をまとめてみました。

WiMAXには違約金負担してくれるプロバイダがある!

乗り換え

 

実は、高い違約金を負担してくれるプロバイダがたった1つだけあります。

 

そのプロバイダが『BroadWiMAX』です。

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンとは、他社のWiMAXからBroadWiMAXに乗り換えると、他社を解約する際に発生した違約金をBroadWiMAX側が負担してくれるという「今すぐ別プロバイダに乗り換えしたい」という人にとってはとても嬉しいキャンペーンです。

 

期間は2016年3月1日 〜 終了未定となっていますが、2019年現在もまだ続いています。

 

BroadWiMAXは他社の違約金を負担してくれるだけでなく、月額料金も非常に安いので、料金を安くしつつ最新端末に乗り換えたい方におすすめのプロバイダです!

 

>>BroadWiMAXの公式サイトはこちら<<

BroadWiMAX

 

違約金負担の詳細を知りたい!

乗り換え

では、違約金をどのように負担してくれるのか気になりますよね。
このキャンペーンは他社からBroadWiMAXへ乗換えした場合、実際に支払った違約金を上限19,000円(非課税)までキャッシュバックにて負担してくれます。

 

適用条件は?

適用条件はBroad WiMAXの公式サイトから、キャンペーン期間内にBroad WiMAXに申し込んだ人です。
BroadWiMAXを契約後、今使っているプロバイダの契約書もしくは違約金の支払い金額がわかる請求書などの書類をBroad WiMAX指定のメールアドレスに送信して確認してもらえばキャッシュバックは可能となります。

 

そして「BroadWiMAXへお乗り換えキャンペーン」を使うと、前のWiMAXの違約金を負担してくれる上に初期費用無料という他のキャンペーンも併用できるので、全てのキャンペーンを使えばめちゃくちゃ安く、新品の端末でまた新しくWiMAX生活をスタートできます。

 

しかもBroadWiMAXは月額料金が業界最安値の2,726円〜とダントツで安いです。

 

乗り換え

 

ギガ放題プランは2ヶ月間2,726円、3か月目以降は月額 3,411円。
月間7Gまでのライトプランは、2年間2,726円、25ヶ月以降は3,326円となります。
いずれも業界最安値です。

 

もしBroad WiMAXへの乗り換えを考えているのであれば、この乗り換えキャンペーンを適用させることをおすすめします。

 

  1. まずはBroadWiMAXの公式サイトにて契約
  2. 端末が届いたら、現在お使いのプロバイダの解約
  3. 違約金の支払いが完了したらBroadWiMAXにメールで違約金負担申請

の順に行いましょう。

 

ちなみに、肝心の負担金額の振り込みですが、契約書内容が承認されれば、申請後の翌々月末に指定口座に現金が振り込まれます。

 

詳しくはBroadWiMAXの公式サイトをご覧下さい。

 

>>BroadWiMAXの公式サイトはこちら<<

BroadWiMAX

乗り換える前に違約金をチェック!

乗り換え

 

では、実際他社の解約違約金はどれくらいの金額になるのでしょうか。
大手プロバイダを例に見てみましょう。

 

とくとくBB

とくとくBBは、解約月が契約初月〜24か月目であれば24,800円、25ヵ月目〜9,500円となっています。
自分が今何か月目になっているかは会員サポートページ「BBnavi」にて、契約書面(PDF版)をダウンロードできます。

 

※「2016年5月21日以前にご入会いただいたお客さまにおかれましては、契約書面のご用意がありません」とあるので ご注意ください。

 

契約書面には、初期費用や月額料金、適用中のキャンペーン内容などが記載されています。
この契約書を基に、自分の契約月を起算してください。
特に、24か月目と25か月目では違約金が全然違うので注意が必要です。

 

ちなみに更新月の数え方は端末発送月の翌月を1ヵ月目として25ヵ月目となっています。

 

UQ WiMAXやBroadWiMAX、So-netなど

とくとくBB以外のプロバイダは、大体同じ解約料となっています。
解約月が13ヶ月目未満であれば19,000円、14〜25ヶ月目未満では14,000円、27ヶ月目以降では9,500円です。

 

「契約期間」および「更新月」はMyUQなど、マイページから確認可能です。

 

ちなみにUQ WiMAXの更新月の数え方は課金開始日を含む月を1ヵ月目として26ヵ月目となっています。

 

更新月の数え方はプロバイダによって違いがあります。
いずれも当然更新月であれば違約金は必要ない(違約金が0円)なので、自分が今契約何か月目かはきちんとチェックしておくようにしましょう。

WiMAXを乗り換える時の3つのポイント

皆さんがWiMAXを乗り換える理由は、やはり「料金」ではないでしょうか?
端末はどこも大体同じものをレンタルできるので、今よりネット料金を安くしたいという理由が多いかと思います。

 

そこで、WiMAXを乗り換える時のポイントをご紹介します。

 

1、キャッシュバックがもらえるかどうか

乗り換え

 

まず、WiMAXのプロバイダは新規契約の場合に限り、多くのプロバイダでキャッシュバックキャンペーンというのをやっています。

キャッシュバックのメリット

キャッシュバックキャンペーンのメリットはなんと言っても高額キャッシュバックですね。

 

キャッシュバックキャンペーンの金額はプロバイダによって違いますが、大体3万円程度の金額の事が多いです。

 

かなり大きな金額なので、プロバイダ選びの際の重要なお得ポイントの1つになります。
ですが、このキャッシュバック、もらうのには多少難点があります。

 

キャッシュバックのデメリット

それは「貰える時期がだいぶあと」「手続きが面倒」というものです。

 

貰える時期がだいぶあと

まず初めの「貰える時期がだいぶあと」ですが、どのプロバイダもWiMAXを契約してからすぐにキャッシュバックをもらうことができるわけではありません。
契約月から換算して、とくとくBBとSo-netが12か月先BIGLOBEは9か月先niftyは9か月先となっています。

 

キャッシュバックの振込時期になると、WiMAXプロバイダ側から「キャッシュバックのお振込みが可能です」といった内容のメールが届きます。
ですがこのメール、実に見落としがちです。
なぜなら

  • 12か月もキャッシュバックの存在を覚えていない
  • プロバイダが毎日のように送ってくる他のメールに埋もれる
  • 普段使っているメールではなく、プロバイダから付与されたメールアドレスに届く

 

といった必ず見落としてしまうような仕組みが潜んでいるのです。

 

手続きが面倒

次の「手続きが面倒」ですが、先ほどのメールより振込先の口座登録をするように説明があるのですが、これを登録できる期間がたった1ヶ月しかないプロバイダが多いです。
当然、この期間内に登録できないとキャッシュバックを受ける権利を失ってしまいます。

 

上記2点をクリアし、WiMAX契約の際のキャッシュバックをきっちりもらうには「キャッシュバック発生日」を必ず手帳やスケジュールにメモしておいて、忘れないようにする工夫が必要となってきます。

 

2、月額料金が安いプロバイダを撰ぼう!

乗り換え

 

キャッシュバックのような手間のかかる特典を当てにするよりかは、支払総額のことを考えてそもそも月額料金の安いプロバイダを選ぶのが1番賢いかもしれません。
また、WiMAXプロバイダというのは、2年目以降の月額料金が高く設定してあるところがほとんどです。

 

なので契約更新月にいっそのこと他のプロバイダに乗り換えたほうが月額料金を安く設定できるというメリットがあります。

 

また、プロバイダによってはキャッシュバックではなく月額利用を安くするキャンペーンを行っているところもあります。
そういったキャンペーンに乗っかって性能のよいWiMAXを安くゲットできる、なんてことも可能です。

 

3、最新端末を選ぼう

乗り換え

 

WiMAXの契約は通常2年〜3年契約です。
ということは、最低2年は同じWiMAX端末をもっていなければならない、ということになります。
2年同じ端末を持っていると、決してその端末は最新端末とは言えません。
しかも他社のほうがいい端末が安く売られている、更新月に新しい端末にしようと思ったらめっちゃ支払いが高くなる、というのはよくあることです。
そのため他社に乗り換えて、最新端末を安く手に入れられるほうがいいかな、と思って乗り換えを考える人も多いです。

 

WiMAXからWiFiルーターに乗り換えるならこの2社がおすすめ

これから紹介するプロバイダは、海外でも面倒な手続き不要でそのまま使える特徴があります。
そもそも海外でも利用できるWiFiが少なかったので、海外に行く際は事前にルーターやSIMカードをレンタルしなくてはいけませんでした。

 

今後、WiFiルーターに乗り換えようか悩んでる方にはMugenWiFiやどんなときもWiFiをおすすめしています。
どんな特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

Mugen WiFi

MugenWiFi

 

MugenWiFiの主な特徴

MugenWiFiには、他のプロバイダにはないような機能も付いてるので必見です!
主な特徴として6点が挙げられますが、特に3・4番はMugenWiFiならでは。
下記で細かく説明していきましょう。

  1. 容量無制限
  2. 海外でも使用できる
  3. 翻訳機能付が付いている端末もある
  4. 充電器としても使える端末もある
  5. 最新端末
  6. 端末代金無料・配送料無料

 

1. 容量無制限で月額料金も安い

一般的なプロバイダは、通信容量無制限と謳いながらも「3日で10GBまで」となっているものが多い中、MugenWiFiの通信容量は、本当に無制限です。
趣味で利用する方も、ビジネスで利用する方にも、通信容量を気にせず思う存分使えますね。

 

又、通信料無制限で月額料金、3,280円は破格の安さです!
途中で料金が変わることもないので分かりやすいのも特徴です。

 

2. 海外でも使用できる

MugenWiFi

 

海外でWiFiを利用する際、「多額の使用料を請求されたらどうしよう」という不安がありますよね?
MugenWiFiでは、料金形態も分かりやすく

 

アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアエリア→1日1GB1,200円
中東・アフリカ・南米→1日1GB1,600円

 

で利用できます。
これだけ料金が詳細に分かっていたら、海外でも計画的に利用できそうです。

 

また、海外で使用するために特別な契約をしなくても、107か国で即日使えるのも嬉しいところ。
もし海外で利用が無い場合は、料金加算されません。

 

3. 翻訳機能付が付いている端末もある

翻訳機は、「Google 翻訳」みたいなものなので、携帯を持っているなら必要ないかもしれません。

 

4. 充電器としても使える端末もある

MugenWiFiはモバイルバッテリーの役割もしてくれます。
携帯の充電がなくなって焦ることはもうありませんね。
いざという時にあると安心です。

 

5. 最新端末

2〜3年間と長い期間契約するので、やはり最新端末にこだわりたいですよね。
MugenWiFiは、最新端末なうえG4なので、室内や地下鉄でもつながりやすくなっています。

 

4Gはスマホと同じ電波なので、電波を拾いやすくなっています。
「ビジネスで大事な案件を扱ってるのに、途中で電波が途切れた!」 「先方にメールや資料を送らなくてはいけないのに!」
なんてハプニングが起こるのを防ぎます。

 

6. 端末代金無料・配送料無料

端末代の42,000円は完全無料です。
さらに、全国配送で一切配送料無料になります。

 

現在実施中のキャンペーン

Mugen WiFi

  • 月額スタートアップキャンペーン (10月31日まで)
  • 30日間のおためし全額返金キャンペーン

全額返金を受け取るには幾つか条件がありますので、注意してくださいね。

@Mugen WiFiの利用が初めての方

A返品の発送日時が30日以内であること
Bフォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
引用:https://donnatokimo-wifi.jp/


まだ、「どのプロバイダにするか悩んでいる方」や、「これから長く使うんだからしっかり試してから使いたい!」という方におすすめなキャンペーンです。

まとめ

MugenWiFiは、海外によく行く方にも力を発揮するプロバイダ。
特別な契約は必要なく、海外ではWiFiを使用しながら翻訳機・充電機能まで使えるので言うことないですね。

 

もちろん日本国内でも、格安な月額料金の割りに通信容量無制限で使えるのはポイントが高いです。
ただ、契約解約料が高いので、解約違約金が掛からない更新月を確認しておきましょう。

 

>>MugenWiFiの公式サイトはこちらから!

 

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

 

どんなときもWiFiは、名前の通り「国内でも海外でも使えるWiFiルーター」です。
海外で利用できたり、トリプルキャリアで対応しているため広範囲でWiFiを利用できます。

 

さらに、海外に持っていきトラブルが起こった場合でも、補償があるのがどんな時もWiFiの特徴です。
もちろん海外にルーターを持っていく際には特別な契約が必要りません。

 

それではもっと詳しく紹介していきます。

 

  1. データ使用量無制限
  2. 料金プランは2年定額の1プランのみで分かりやすい
  3. 幅広いエリアで利用できる
  4. 海外でも利用できる
  5. 最短即日発送

 

1. データ使用量無制限

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは通信制限が一切ありません!

 

3日で10GB超過した場合は速度制限がかかるプロバイダが多いですが、Mugen WiFiと同様無制限になります。
容量を気にせず、動画やSNSを思いっきり楽しめますね!
これらの点が、MugenWiFiとどんなときもWiFiをおすすめする理由でもあります。

 

2. 料金プランは2年定額の1プランのみで分かりやすい

どんなときもWiFi

クレジットカード払いの場合は契約期間の2年間ずーっと料金が変わりません!
現在はキャンペーン実施中で、ご利用開始月は3,480円の日割り料金になります。

 

ややこしい料金プランで結局いくらかかるのか分かりずらいプロバイダーが多いので、どんなときもWiFiのようにシンプルな料金プランだと嬉しいですね。

 

3. 幅広いエリアで利用できる

トリプルキャリア対応なので、地方に住んでる方や、家の中でも問題なく利用できます。
こんなに広範囲で利用できて、通信制限もないのは助かります。

 

また、1日に何本も映画や動画を見る方でも快適に視聴できます。
ダウンロード時もスピードに問題なく、毎回のストレスから解放されますね。

 

4. 海外でも利用できる

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiも107か国で利用可能
どんなときもWiFiは特別な海外用の契約が必要ないから、海外に持って行き電源をONするだけでOKです。
出張や海外旅行によく行く方にも重宝しそうですね。
料金は

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米(69ヵ国)→1日 1,280円
中東・南米・アフリカ(37ヵ国)→1日 1,880円

 

どんなときもWiFiを海外に持っていく時は、「海外安心補償」が含まれています。
この「海外安心補償」は、海外利用時に盗難や紛失があった場合でも、端末が補償されるサービスです。

 

海外は日本と違い何があるか分からないので、盗難・紛失がもし無かったとしても、補償があると頭にあるだけで安心さが違います。

 

5. 最短即日発送

即日発送の場合は、平日13時、土曜11時までの受付分までになります。
日曜、祝日は発送をおこなっていないので気を付けてください。

 

最短即日発送されれば、申し込みから平均2〜3日でWiFiが自宅に届きます。
因みに端末の受け取りは自宅でも指定の店舗でも可能です。

 

宅配だと受け取れなかったり、WiFiを即日で使いたいという方には店舗受け取りサービスをおすすめします。
店舗は渋谷と秋葉原にあるので、店舗受け取りを希望の方はまずWEBから申し込みをして下さい。

 

まとめ

どんなときもWiFiは、受け取りも配送か店舗で受け取るかを選択できますし、使い方も国内海外で快適に使えるWiFiルーターです。
個人の生活に合わせて上手く利用しましょう。

 

又、解約金は他のプロバイダと比べて差はあまりありません。
ただ、契約が3年目以降になる場合は月額料金が高くなるので注意してください。

 

>>どんなときもWiFiの公式サイトはこちらから!

さいごに

「契約してから2年もたっていないけど、WiMAXプロバイダをすぐにでも乗り換えたい!」「新しい機種を安くゲットできるプロバイダと契約したい!」というのであれば、Broad WiMAXの乗り換えキャンペーン+初期費用0円キャンペーン+新機種0円キャンペーンの3種併用はかなりお得といえるでしょう。
ちなみにBroadWiMAXでは、20ヶ月以上ルーター端末を使っている場合は、無料で機種変更が出来ます。

 

もし使っている間に最新端末が発売されたら、この20ヶ月という期間を覚えておくと良いですよ。