WiMAXが終了!どうする?

更新

 

WiMAXの親会社、UQコミュニケーションズより『WiMAXサービスの提供終了とWiMAX2+機器への機種変更のお願い』が発表されたのをご存知ですか?

 

このお知らせを受けた既存のWiMAXユーザーさんの中には「え、WiMAX終了するの?!WiMAX2+も!?」と勘違いされる方も多くいるそうです。

 

その真相、詳しく紹介します!

 

WiMAX終了に当たり乗り換えを検討している方は下記へどうぞ!全24社のWiMAX料金比較表も紹介中です!

 

▼乗り換え最安プロバイダNo.1はここだ!▼

WiMAX2+とポケットWiFiのおすすめのプロバイダを紹介
>>詳細をチェック<<

 

WiMAXは2020年に終了する

WiMAX終了

WiMAXは2020年の3月31日をもってサービスを終了します。
新規加入に関しては2018年9月30日までで終了しています。

 

ここで、WiMAXとWiMAX2+を同じものと思っている方は、WiMAX2+も終了なの?!思われているようです。
このお知らせは、WiMAXが終了するのであってWiMAX2+が終了するお知らせではありません!

 

ですので、WiMAX2+をお使いの方は安心してくださいね。
WiMAX2+は終了しません。
WiMAXをこれから契約しようと考えていた方も、WiMAX2+を契約すればOKです。

WiMAXとWiMAX2+では速度が違う!

WiMAX終了WiMAX2+へ

 

では、WiMAXとWiMAX2+は一体何が違うのでしょうか?
簡単にまとめると、WiMAXは初期の無線通信システムで、WiMAX2+はそのWiMAXよりも通信速度をパワーアップしたものです。
WiMAX2+リリース後はWiMAXは縮小し、WiMAX2+に一本化する準備が進められていました。

 

 

WiMAX

WiMAX2+

サービス内容

通信速度が下り最大40Mbpsから13.3Mbpsに低下

通信速度が下り最大110Mbpsから現在1237Mbpsまでアップ!

今後

2018年の9月末日 新規加入終了
サービス終了2020年3月末

2020年4月より完全に1本化となる

 

配信初期のWiMAX2+は『配信範囲が狭くて使いにくい』『都心では電波が弱い』『地下鉄で使えない』などの意見が多かったです。
こういった初期の情報から、未だにWiMAXを使い続けた方もいるかと思います。

 

しかし、現在(2019年現在)のWiMAX2+はエリアも拡大や強化を行い、今では一部地域と一部端末(Speed Wi-Fi NEXT W06)の利用でWiMAX2+の回線速度が下り最大440Mbps⇒1237Mpbsにまでアップしました。

 

2018年までは708Mbpsが最大だったのですが、最新端末ではさらにパワーアップしています。

 

速度も従来のWiMAXよりも早く、受信範囲も問題なくなったのでユーザーの満足度は初期よりも大分改善されています。

WiMAXからWiMAX2+に乗り換えよう!

WiMAX2+の料金・キャンペーン比較

 

WiMAXの通信は2020年の3月31日には完全に終了します。
ですのでWiMAXをお使いの既存ユーザーの方は、WiMAX2+対応の機種に機種変更する必要があります。
WiMAXの端末ではWiMAX2+は受信することができません。

 

今まで使ってきたプロバイダに不満がない場合は、そのプロバイダで機種変更すると手続きも楽です。
しかし、他の新しいプロバイダに乗り換えて料金を抑える良い機会でもあるので、ぜひ他のプロバイダと比較してみて下さい。

 

以下でおすすめWiMAXプロバイダの料金を徹底比較します!

WiMAX終了に備えるなら!WiMAX2+料金比較表【2019年6月更新】

まずは、おすすめプロバイダ全24社の最新料金情報を比較していきます。

ライトプランの3年間の総額が安い順に並べています。

※スマホの方は横スクロール

プロバイダ 初期費用 月額料金
(最低)
月額料金
(最高)
3年間総額
1、Broad WiMAX
Broad WiMAX
公式サイトを見る
無料 \2,726 \3,326 \105,336
2、BIGLOBE【特典A】
BIGLOBE
公式サイトを見る
\3,000 \2,975 \3,695 \110,100
3、カシモWiMAX
カシモWiMAX
カシモWiMAXの公式サイトを見る
\3,000 \2,880
(初月だけ
\1,380)
\3,379 \111,168
4、so-net
so-net
公式サイトを見る
\3,000 \2,780 \3,695 \125,040
5、3 WiMAX ※終了
3 WiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \2,980 \3,480 \116,280
6、hi-ho
hi-ho WiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \3,080
(13ヶ月目
〜\3,300)
\3,600 \122,760
7、@nifty
@nifty WiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \3,420 \3,420 \126,121
8、Tiki mobile
novas WiMAX
公式サイトを見る
\0 \3,625 \3,625 \130,500
9、DTI WiMAX
DTI WiMAX
公式サイトを見る
\5,500 \3,500 \3,500 \131,500
10、novas WiMAX
novas WiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \3,599 \3,599 \131,500
11、GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
公式サイトを見る
\3,000 \3,609 \3,609 \132,924
12、ASAHIネット
ASAHI
公式サイトを見る
\3,000 \3,610 \3,610 \132,960
13、クラウドモバイル
クラウドモバイル
公式サイトを見る
\3,000 \2,800 \4,100 \134,100
14、J-COM
J-COM
公式サイトを見る
\3,000 \3,695 \3,695 \136,020
15、UQ WiMAX
UQ WiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \3,696 \3,696 \136,056
16、ヤマダ電機
ヤマダ電機
公式サイトを見る
\3,000 \3,696 \3,696 \136,056
17、bic wimax
bic wimax
公式サイトを見る
\3,000 \3,696 \3,696 \136,056
18、KT WiMAX
KT WiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \3,696 \3,696 \136,056
19、アドベント
アドベント
公式サイトを見る
\3,000 \3,696 \3,696 \136,056
20、DISM Wimax
dismwimax-top.png
公式サイトを見る
\3,000 \3,696 \3,696 \136,056
21、GREENWiMAX ※終了
GREENWiMAX
公式サイトを見る
\3,000 \3,690 \3,690 \135,840
22、WIRELESSGATE
WIRELESSGATE
公式サイトを見る
\3,000 \3,991 \3,991 \146,676
23、au
au
公式サイトを見る
0 \4,880 \4,880 \175,680
24、エディオン
エディオン
公式サイトを見る
\3,000 \5,196 \5,196 \190,056

※いずれのプロバイダも料金最安プラン(ライトプラン)の価格を比較

ギガ放題プランの料金比較を見たい方はこちら

 

WiMAXプロバイダ24全社を比較してみましたが、プロバイダによって月額料金が全く違うことがわかりますよね。
ほとんどのプロバイダで最新端末を無料で選べるので、やはり一番の選ぶ基準は「月額料金」となります。

 

またWiMAXの月額料金の特徴として、基本的に月単位や年単位で徐々に月額料金が増えていくという特徴があります。
ですから、単純に初月が安いだけで比較をしてはダメで、2年後や3年後の価格も比較をした方が良いです。

 

上記の表でも、最低料金と最高料金を両方出しています。

 

表を見てもらうとわかる通り、月額料金の一番の最安値は『BroadWiMAX』です!

 

ただし、キャッシュバックキャンペーンを適用すると、3年間契約満期の料金最安値は『GMOとくとくBB』になります。

BroadWiMAXは月額料金が最安値!

broadWiMAX

 

他の記事でも比較していますが、BroadWiMAXはライトプラン(月7GB上限プラン)も、ギガ放題プラン(制限なしプラン)も、どちらも最安値となっています。

 

>>BroadWiMAXの公式サイトはこちら!<<

 

さらに、他のプロバイダにはない一番のポイントはこれ!

 

乗り換え時の解約手数料最大19,000円負担キャンペーン!

broadWiMAX

 

WiMAXを契約していて、他のプロバイダに乗り換えたい時の一番の問題が「解約手数料」ですよね。
ほとんど多くのプロバイダが、2年以内の解約は「19,000円」の解約料となっています(GMOとくとくBBは2年以内の解約料が24,800円と高額)。3年目以降でも9,500円かかるプロバイダが多いです。

 

この大きな金額を、BroadWiMAX側が負担してくれるんです。
これは他にはないサービスなうえ、月額料金も安いので、今現在一番おすすめのプロバイダと言えます!

BroadWiMAXの解約手数料負担手続き5つの手順
  1. BroadWiMAXを申し込み
  2. 現在のWiMAXを解約する
  3. 違約金支払いをした事が証明できる書類(違約金請求書など)をinfo@wimax-broad.jpに送信
  4. BroadWiMAXからの返信メールに沿って口座情報など記載
  5. 指定した口座に違約金がキャッシュバック

※負担金額は非課税分の最大19,000円までです。
※契約名義は同じ名前である必要があります。

 

違約金負担手続きはとても簡単ですし、キャッシュバック時期も1ヶ月程度と早いのが嬉しいポイントです。
詳しくは、公式サイトをご覧下さい。

 

>>BroadWiMAXの公式サイトはこちら!<<

BroadWiMAX

キャンペーンを利用すればGMOとくとくBBが最安値!

月額料金の最安値はBroadWiMAXとご紹介しましたが、実は3年間のWiMAX費用を最安値にしたいなら、とくとくBBに軍配が上がります。
なぜなら高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているからです。

 

ちなみに、キャッシュバックを適用しないとお得にはならないので、キャッシュバックの適用忘れには注意しましょう。
手続きが11ヶ月後となるので、忘れる人が非常に多いようです。

 

>>とくとくBBの公式サイトはこちら!<<

GMOとくとくBB

 

料金をもっと詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください!
プランごとの料金比較もあります。

\しっかり比較しました!/

WiMAX2+n詳しい比較表へ

WiMAX2+に変更するならこの2社!

上記で説明した通り、WiMAXからの乗り換えで「ネット代をとにかく安くしたい!」という人は間違いなく「GMOとくとくBB」もしくは「BroadWiMAX」がおすすめです!

 

まずはなぜ、GMOとくとくBBがおすすめなのか、特徴を見ていきましょう。

 

GMOとくとくBB

ポイント

最大37,000円!業界No.1のキャッシュバックキャンペーン!

WiMAXを提供しているこのプロバイダの特徴は、とにもかくにも高額なキャッシュバックキャンペーンです!

 

その金額、現在は最大37,000円にもなります!

 

また、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているからといって、初期費用や月額利用料が他のプロバイダより高額、なんてこともありません。
他社プロバイダと比較しても月額利用料は安めといえます。

 

注意点としては、キャッシュバックの手続きが11ヶ月後で、忘れがちなこと。
最安値にするには、スケジュール帳に記載しておくなど、しっかりキャッシュバックできるようにしましょう。

GMOとくとくBB公式サイトを見る

 

【GMOとくとくBB】料金詳細

初期費用 3,000円
キャッシュバック 最大37,000円
最新端末W06の場合32,000円
auスマートバリューmine
月額料金【通常プラン】 3,609円〜
3年契約満了時までの合計金額【通常プラン】 100,874円
※キャンペーン最大金額適用の場合
月額料金【ギガ放題プラン】 3,609円〜
3年契約満了時までの合計金額【ギガ放題プラン】 123,110円
※キャンペーン最大金額適用の場合

GMOとくとくBBの口コミ・評判をチェック!

毎月の料金が安く済むし快適!(30代女性・主婦)

WiMAXを申し込む窓口がGMOとくとくBBだったというだけで、別に通信が遅いとか、エリアが狭いなんてことは全くなく、快適に使えています。

 

毎月の料金が安くて済むし、元々クレカで払うつもりだったから、銀行引き落としなんて無くても構わなかったので、とくとくBBにしてよかったと思ってます。

とにかく安い!自分にピッタリ!(20代男性・学生)

GMOとくとくBBはとにかく安い!だから、キャッシュバックのキャンペーン特典で月々の支払いが安いっていうのが自分にとってはピッタリの内容でした。

 

キャッシュバックも申し込むときのエサみたいになって、 実際もらえなかったら意味ないのでちゃんとおぼえておかなきゃ!

使い勝手悪くないし大丈夫!(20代女性・会社員)

クレジットカードを持っていないと使えないってことで、新しくクレジットカード作ったけど、気になったのはそこだけかも。WiMAXの申し込みがクレジットカードを作るちょうどいい機会になったし、これでよかったのかな?と今では思っています。

 

使い勝手も悪くないし、不具合が無いなら、特にサポート窓口とかなくても大丈夫って気がします。

契約したのにエリア外だった・・・。(40代男性・会社員)

せっかくWiMAXを契約て自宅にルーターが届いて使おうと思ったらつながりませんでした。故障かな?と思ったのですが、結局エリア外だったのです。一応プロバイダサイトの地図上ではエリアに入っているのですが・・・。

 

自宅ではネットに接続できなくて困っています。もちろん、つながるところに持って行けば使えましたが、当初思い描いていた利用方法とはかけ離れてしまって残念です。

 

嫁にも無駄遣いしたと責められ、毎日肩身が狭い思いをしています。早くエリアが拡大して、自宅でも使えるようになることを願うばかりです。

 

続いて紹介するのはBroadWiMAX!

 

BroadWiMAX

ポイント

月額料金最安値!乗り換えが一番お得!

先ほども紹介した通り、月額料金が数あるプロバイダの中でも最安値なうえ、他社の高い解約料金を負担してくれるという他にはないキャンペーンを実施中です!

 

WiMAXからWiMAX2+に乗り換える人も、はじめてWiMAXを利用する人も、どちらにとってお一番お得なプロバイダとなっています。

 

さらに初期費用も無料キャンペーンを実施中なので、とにかく安く早く最短でWiMAXを使い始める事が出来ます!

BroadWiMAXTOP公式サイトを見る

 

【BroadWiMAX】料金詳細

初期費用 無料
キャンペーン 他社の解約違約金最大19,000円負担
auスマートバリューmine
月額料金【通常プラン】 2,726円〜
3年間の合計金額【通常プラン】 105,336円
月額料金【ギガ放題プラン】 2,726円〜
3年契約満了時までの合計金額【ギガ放題プラン】 128,626円

BroadWiMAXの口コミ・評判をチェック!

PCもスマホもタブレットもこれ1つで!(30代女性・会社員)

月額料金の安さに惹かれてBroadWiMAXにしました。
端末はWX05を使っていますが、これ1つでPCもタブレットもスマホも繋げて快適です。
最初は通信量が不安だったけど、今のところ問題なしです!

引越が多いのでWiMAXに(30代男性・会社員)

会社の転勤が多いので、有線にしちゃうと引越しの度に解約手続きをしたり違約金の支払いがある可能性もあるので、WiMAXに決めました!
BroadWiMAXにしたのは安さで。
外にも持ち歩けるし決めて良かったなと思います。

最新端末のW06が無料だったので(20代女性・会社員)

So-netにしようかなと考えていたのですが、一番最新の端末W06が有料と判明したので、無料のBroadWiMAXにしました!
申し込み方法とかがわかりやすくてすぐに契約出来ました。

 

>>実際にBroadWiMAXを使ってみた!体験レポ

なぜWiMAXは終了するの?

なぜWiMAXは終わるのか

 

ここまで、WiMAXの終了についてと、WiMAX2+の乗り換えにおすすめのプロバイダを紹介してきました。

 

ではWiMAXはなぜ終了するのか、疑問に思った人もいるかもしれません。

 

それはWiMAX2+の拡大のため、と言えます。

 

その他にも設備上の都合等もありますが、1番はWiMAX2+の規模を拡大するためです。

 

WiMAXよりも強化されたWiMAX2+の登場により、WiMAXは徐々に速度低下を行い、規模の縮小の行っていました。
結構前からWiMAX2+に移行してるよ、というユーザーが多いのはこのためです。

 

また、上述したように、2020年の完全終了以降はWiMAXに使用していた配信帯域をWiMAX2+に使用することにより、WiMAX2+が強化されます。
ですのでWiMAXが終了するのはマイナスではなく、更にWiMAX2+の使い勝手が良くなると言うことなのですね。

さいごに

新しいWiMAX2+では、どのプロバイダも思考を凝らして、様々なプランを打ち出しています。
ぜひ、納得いくまで各社の特徴を比較して、WiMAX終了前にご自分にピッタリのプロバイダを選んでください。
また、シーズンでキャンペーン内容も変更しますので、頻繁にサイトを確認すると最安のタイミングでWiMAX2+をGETできることもありますよ!

 

\WiMAX2+をしっかり比較しました!/

WiMAX2+n詳しい比較表へ