誰も教えてくれないWiMAX2+の気になるセキュリティについて

WiMAX2+のセキュリティについて

 

インターネットを利用するにあたり、セキュリティ面についての不安は誰しもあるものです。最近では官公庁のネットワークから個人情報が流出した、というニュースも珍しくありませんので、もしかすると自分のパソコンからも個人情報が抜き出されているのでは、と心配になるのはある意味当然といえるかもしれません。

 

ましてやWiMAX2+はモバイルインターネットサービスなので、無線で情報をやりとりすることになります。途中で誰かに電波を使われてしまう、あるいは情報を盗まれてしまう、そんな危険性はないのでしょうか???

 

ご安心ください!結論からいくと大丈夫です!

 

しかしなぜ大丈夫なのか、今回はWiMAX2+のセキュリティについての紹介です。

 

WiMAX2+のセキュリティ設定

利用エリア内にいても・・・

WiMAX2+を利用してインターネットに接続するためにはルーターを経由する必要があります。そのルーターにインターネットに接続するための端末を認識させているのですが、この認証方式としてWiMAX2+ではIDとパスワードを設定しています。

 

つまり、このIDとパスワードが一致しなければルーターがあってもスマホなどの端末からインターネットに接続することはできません。あくまでもIDとパスワードで認証された特定の端末でなければ接続することができないということになります。WiMAX2+の対応エリアは現在も拡大中ですが、利用可能エリアにてインターネットに接続可能な機器を持っていても、ルーターで認証されなければWiMAX2+の電波を利用することはできません。

 

こうした理由から、WiMAX2+でインターネットに接続する際の危険性は極めて低いといえます。これは自宅でのインターネット利用はもちろんのこと、外出先でWiMAX2+に接続する場合も基本的には同じあり、セキュリティ面においては心配は無用です。

 

WiMAX2+の暗号化技術

仮に情報が盗まれても・・・

WiMAX2+を利用するためにはルーターでIDとパスワードが一致しなければ接続できないという点に加えて、もうひとつのセキュリティとして特化しているのがAESという暗号化技術です。

 

これはWiMAX2+に限らず多くのインターネット通信において幅広く利用されている暗号化技術であり、簡単にいうとインターネットを飛び交う情報を暗号化した状態で通信するという技術となっています。そのため、仮に情報が抜き取られたとしても暗号化されていますので解読することができず、安全性が保たれた状態となります。

 

WiMAX2+ではこのAESという暗号化技術をインターネット通信の無線区間に適用した状態で通信していますので、さらに安全性が高い状態で利用することができます。ルーターでのIDとパスワードの認証に加えて、実際の無線通信区間でも暗号化された状態での通信が可能となっていますので、WiMAX2+でのインターネット通信は極めて安全性が高いものといえるでしょう。

 

セキュリティソフトでさらに安心

できるだけ万全にしておく

WiMAX2+はセキュリティという面で優れた設定をもっていますが、そのうえでさらに安全性を高めるということであれば、セキュリティソフトのインストールがおすすめです。インターネットにおけるリスクは情報流出のみならずウイルス感染など様々なものがありますので、こうしたリスクから端末を保護するためにはセキュリティソフトの利用は欠かせません。

 

多少の出費はありますが、WiMAX2+の利用にさらに安全性を高めることができますのでおすすめの設定といえます。

まとめ

インターネットの世界というものは、便利である反面様々なリスクやトラブルがどうしてもつきまとうものです。WiMAX2+は無線でインターネットに接続することができますので、その無線通信間で何らかのトラブルが起きるのではないかと不安に感じることもあるかもしれません。

 

こうした様々なリスクに対してもWiMAX2+は安全性が確保された状態でインターネットに接続できますので安心して利用することができます。