【意外と気になるポイント】WiMAX2+は新幹線でも使えるか

WiMAX2+って新幹線でも使えるのか解説

 

外でも高速インターネットが使えるWiMAX2+ですが、新幹線などの移動時には使えるのでしょうか?

 

エリア内であれば・・・

新幹線など電車の車内でも、WiMAX/WiMAX2+エリア内であれば、利用可能です。ただし、以下の場合は通信が不安定になる・または利用できなくなる可能性が高いので注意しましょう。

 

注意点
移動中の利用

移動中の利用は通信が不安定になりやすいので注意が必要です。

 

トンネルの中、地下など

トンネルの中、地下などでは利用できない場合が多いので同じく注意が必要です。地下鉄などでは、駅で使えても走行中のトンネル内には電波が届いていなかったり、著しく速度が低下したりすることもあります。

 

新幹線車内の公衆無線LANを賢く利用すべし!

WiMAX2+の機器(ルーター)は、公衆無線LANに自動的にログインして利用できる機能を持っています。WiMAX2+を提供するプロバイダー各社の中には、公衆無線LANを会員向けに無償もしくは格安で提供している場合があります。

 

例えばUQ WiMAX社では、東海道新幹線N700系など、一部の新幹線や特急電車の車内、駅構内や空港などで利用できる公衆無線LANサービスを提供しています。通常は、月額料金数百円を支払う必要がありますが、WiMAX2+利用者は無料で使うことが出来ます。

 

また、WiMAX2+のモバイルルーターを介して接続することで、安定した接続を利用することが出来ます。特別な設定やパスワードの再入力をせずに使えるので、WiMAX2+のエリアのように便利に使うことが出来ます!ルーター経由の方が、セキュリティ的にも安心してインターネットを利用できますよね。

ただし、公衆無線LANサービスは、一度に多くの人が使うと速度が低下したり利用が制限されたりする場合もありますので注意しましょう。

まとめ

非常に便利なWiMAX2+ですが、移動時に確実にインターネットに接続できることを保証するものではありませんから、過度に期待しすぎるのは禁物です。しかし、外出・移動時には、公衆無線LANサービスの提供スポットを確認したり、オプションに入るなどして、万が一WiMAX2+がエリア外や速度制限などで使えない場合に困ることがないようにして、便利なサービスを使いこなしましょう!