【1分で分かる!】WiMAX2+を自宅のネット用にするのはアリ?ナシ?

WiMAX2+は自宅でも使える?

 

WiMAX2+といえば主にスマホ用のモバイル通信サービスとして人気があります。その最大の特徴といえるのが、下り220Mbpsという最高速度でしょう。ここまでのスピードは他のモバイル通信サービスではなかなか例を見ないことから、実際に利用している人も多い人気の通信サービスとなっています。

 

ではこのWiMAX2+はスマホを使っている人専用の回線なのでしょうか???

 

自宅でのネット回線の利用

WiMAX2+は家でもネットできる?

まず、WiMAX2+はスマホ専用回線というわけではなく自宅でもインターネットに接続するための回線としても利用することができます。自宅でWiMAX2+を利用する場合でも基本的にはスマホで利用する場合と同じくルーターを経由して接続する必要があります。

 

要は、このルーターに接続する対象がスマホなのかパソコンなのか、はたまたタブレットなのか、という違いであり、そのルーターが据え置きになっているかということです。当然ながらWiMAX2+の特徴である最大220Mbpsの通信速度についても接続する対象がスマホではなくパソコンであっても同じとなっています。

 

家でWiMAX2+を利用する時は

また、WiMAX2+のルーターの中には自宅で据置用として使うためのクレードルが無料もしくは別売オプションとして用意されているものもあります。

 

WiMAX2+のルーターは外に持ち出すことを前提として作られているため、基本的にはバッテリー駆動となっていますが、当然ながらバッテリーの充電がなくなるとルーターが使えなくなります。そのため、もしも自宅でのネット回線としてWiMAX2+を利用するということであれば充電にも使用できるクレードルを利用してみても良いかもしれません。

 

WiMAX2+を自宅でのネット回線で利用する場合の2つのメリット

@外で利用する時と回線速度は違う?

WiMAX2+を自宅でのネット回線として利用する場合のメリットは、やはりその高速通信にあります。自宅で利用する場合でもWiMAX2+のもつ最大220Mbpsの通信速度は健在ですので通信スピードにこだわる人であれば利用する価値は高いといえるでしょう。

 

AWiMAX2+はPC・スマホの併用はできる?

また、WiMAX2+のルーターは1台で複数の端末を接続することができますので、パソコンとスマホを併用してインターネットに接続といった利用方法も可能です。最近ではライフスタイルも多様化しているとともに、スマホの機能も高機能化していますので自宅の中でも外でもスマホしか使わないという人も増えています。それとともに、自宅ではパソコン、外ではスマホ、といった具合に使い分けている人も依然として多いのではないでしょうか。

 

WiMAX2+はこうした様々な使い方にもフレキシブルに対応することができますので、利用シーンを問わない使用感を考えるときわめて自由度が高いといえます。自宅でのネット回線として利用することができるのも、WiMAX2+のもつ自由度の高さが大きく関係しているといえるでしょう。

 

WiMAX2+を自宅でのネット回線として利用する場合の2つの注意点

@使いすぎた月は・・・

WiMAX2+を利用するにあたり、注意しなければならないのがひとつは通信速度制限です。WiMAX2+は一月につき7GBを超える量の通信をした場合には速度制限となり128Kbpsという速度でしかインターネットに接続することができなくなります。

 

自宅のパソコンでWiMAX2+に接続しインターネットの利用をする場合であっても基本的には同じであり、使う回数が増えればその分速度制限に近づいていくと考えることもできます。

 

A室内での接続は・・・

また、WiMAX2+は現状として「屋内の接続に弱い」という性質をもっています。そのため、ルーターの位置にもよりますがインターネットに接続する部屋によっては思ったようにWiMAX2+とWi-Fi接続ができないといった可能性もあります。

まとめ

このように、WiMAX2+を自宅でのネット回線としてWi-Fi接続するためにはメリットも多いものの注意点も少なからずあります。こうした点を総合的に考えて利用するかどうかを選ぶと良いでしょう。