【試してみよう】WiMAX2+のルーター無料レンタルサービス

WiMAX2+の無料レンタルサービスとは

我が家の回線速度をタダでチェック

高速インターネット通信で最近話題となっているのがUQコミュニケーションズの「WiMAX」です。最大220Mbpsもの高速通信が可能ということで、そのスピーディーな通信環境をぜひ利用してみたい、そう考える人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人におすすめなのがお試し無料レンタルサービス『TryWiMAX』です。

 

WiMAXと契約をしたものの、もしかすると機器との相性の関係などで使い勝手があまり良くないかもしれない、そんな不安を抱いている人にも、無料レンタルサービスでWiMAXを試してみると良いでしょう。

 

15日間無料で試せる(遊び放題ヽ(*´∇`)ノ)

TryWiMAXは、その名の通り「WiMAX」を「Try」する(試す)ことができるUQコミュニケーションズのサービスとなっています。WiMAXを無料で試すことができる期間は最大で15日間となっており、この間は自由にWiMAXを利用してインターネットに接続することができます

 

もちろん誰でも無条件にWiMAX2+のレンタルサービスが利用できるというわけではなく、利用するにあたっては一定の条件が設定されています。

 

WiMAX2+のレンタルサービスの3つの利用条件
日本国内に住んでいる人で20歳以上の人

これは一種の「契約行為」にあたることから未成年者では利用することができないということですね。

 

申込者本人名義のクレジットカードの登録が可能な人

もちろんTryWiMAXは無料お試しレンタルサービスなので、お試し期間中は費用を支払う必要はありませんのでご安心ください。

 

過去90日以内にこのレンタルサービスを利用した履歴のない人

無料ですので何度も返したり利用したり、ということを考える人もいるかもしれませんが、基本的にはこうしたことはできないということですね。

 

TryWiMAXを利用するまでの3ステップ

@利用エリア内か確認

WiMAX2+の無料レンタルサービスを利用するためにはまず事前準備として現在のお住まいの場所がWiMAX2+が利用できる対応エリアであるかどうかを確認しておく必要があります。WiMAX2+は現在も利用可能エリアを拡大中であり、前身のWiMAXの場合は日本国内にある主要都市を99%までカバーしていますので、おそらく利用することができないという可能性はほとんどありませんが、念のため確認しておくと良いでしょう。

利用可能なエリアかどうかについてはWiMAX2+のホームページなどで調べることができます。

 

AHPから申し込み

WiMAX2+に対応したエリアであれば、次にUQコミュニケーションズのホームページから利用申し込みを行います。申込にあたっては先にメールアドレスの仮登録を行い、登録されたメールアドレスに本登録用のURLが記載されていますのでこちらから申込の本登録を行います。

 

ここで住所や氏名、クレジットカード番号の入力などを行い申込を完了します。

 

B届くのを待つ

TryWiMAXの申込が完了すると、およそ2日前後でレンタル用のルーターが登録した住所まで届けられます。後はスマホやパソコンなどの端末で認識させればすぐにWiMAX2+を体験することができます。

 

注意点

ギリギリまで使うのは危険

なお、TryWiMAXは15日間無料で試すことができますが、注意したい点として「ルーターが届いた日」から15日間、というわけではなく、「ルーターが発送された日」から15日間という設定であるという点です。そのため、不在などで受け取ることができなかったとしてもルーターが発送されればその日からお試し期間がスタートしていますので受け取りに関しては気をつけておきたいところです。

 

”そのまま貰う”はNG

また、ルーターについては貸出用の機器なので試した後は返却する必要があります。もちろん機器の返却は着払いでの郵送ができますので送料を負担することなく返却できます。

まとめ

このように、WiMAX2+では申込から返却まで一貫して無料で利用することができるレンタルサービスが用意されています。

 

契約前にWiMAX2+のスピードを体験したいという人はぜひ確認してみると良いでしょう。