スマホの月額利用料、高くないですか?

WiMAX2+を活用した節約術の解説

 

スマートフォンが普及してもう結構経ちました。今では携帯電話(ガラケー)よりスマホの方が普及率が高いそうです。

 

ただ、最近多くの利用者が気になっていることが「スマホは月額利用料が高い」という点。

 

様々なアプリや音楽、手軽なインターネットなど多くの機能が備わっており非常に便利ではあるけど、ガラケーとは異なる料金プランが適用され、月に10,000円以上かかるなんてこともザラな状況になっています。。

 

おすすめ節約術を紹介!

そこで、ここで紹介するスマホ料金の賢い節約術が「スマホをWiMAX2+と格安SIMを使ったスマホに乗り換える」ということ。こうすることで携帯の月々の料金が安くなるのはもちろん、その他にもさまざまなメリットがあるんです!

 

では、WiMAX2+と格安スマホにすることで一体どんなメリットがあるのでしょうか???

 

まずは格安スマホの説明から

最近よく聞く「格安スマホ」。しかし、格安スマホってよく聞くけど一体何なの?と、いう方もいらっしゃるかと思います。そこで、まずは格安スマホについてささっと分かりやすく説明していこうと思います。

概要を分かりやすく説明するため、詳細の説明は省かせて頂きます。詳しく知りたい方はMVNO各社の公式HPでご確認ください。

 

格安スマホとは

格安スマホとは、誤解を恐れずにいうと「NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の大手3キャリア以外の会社が提供している”SIMカード”を利用したスマートフォン」のことを指します。

 

SIMカードって何?

SIMカードとはスマホや携帯に差し込まれているICカードです。これが無いと電話やインターネットなどの通信ができなくなります。

 

実はSIMカードは大手以外でも販売している!

そして、このSIMカードですが、実は上に書いた大手3キャリア以外の通信事業者(いわゆる「MVNO」)でも提供されているんです!MVNOでは格安で利用することができるので、そんなSIMカードを「格安SIM(カード)」と呼び、格安SIMを使ったスマートフォンのことを「格安スマホ」と呼ばれる、というわけです。

 

今使っているスマホを利用できないのか

ここで、気になる点は「では、自分が今使っているスマホで格安SIMを使えないのか?」という点です。

 

結論から言うと、基本的に「自分が持っている機種がNTTドコモのスマホなら使える可能性が高く、ソフトバンク・KDDIのスマホなら使える可能性が低い」です。

 

これは、格安スマホの会社が提供している通信が基本的にNTTドコモの通信網を利用している点や、キャリアがSIMカードを交換して使えないようにロックをかけていること(これがいわゆる「SIMロック」)が原因だからです。

 

おそらく一番楽で早い確認方法は、MVNOのサポートセンターに直接連絡して相談することです。

また、大手3キャリアのいずれも、2015年5月以降に発売された機種で、購入後一定期間経過したものはSIMロック解除(いわゆる「SIMフリー/SIMロックフリー」)に応じるようになるそうです。
※大人気のiPhoneならiPhone6sから対応しているそうです。

WiMAX2+と格安スマホにすることでのメリット・デメリット

さて、いよいよ話を本題に戻し、WiMAX2+と格安スマホにすることでのメリット・デメリットを説明していきます。

 

スマホの月額利用料が安くなる!

 

まずはなんといってもWiMAX2+と格安スマホにする大きなメリットとして、スマホの月額利用料が安くなることです。

 

では、具体的にいくらくらい節約になるのか???

 

まずは大手3キャリアのスマホ利用料はいくらくらいなのか見てみましょう。

 

大手3キャリアの月額利用料【最安プラン】

※価格.comから引用しました。

キャリア

基本料

インターネット
接続料金

データ
通信料

データ
通信量

月額利用料
合計

NTTドコモ

2,916円

324円

3,780円

2GB

7,020円+機種代

ソフトバンク

2,916円

324円

3,780円

2GB

7,020円+機種代

KDDI(au)

2,916円

324円

3,780円

2GB

7,020円+機種代

解説

管理人も少し前までソフトバンクをずっと使っていたんですが、今はこんな料金システムになっているんですね。

 

しかも、使えるデータ通信量2GBなんですね。

 

知らなかった・・・。

 

それにしても3社とも足並みそろえ過ぎですよね・・・。

 

大手は最安でも約8,000円から

結局大手3社の月額利用料は7,020円ということですが、別途機種代が発生し、それは大体1,000円〜2,000円程だそうなので、総合計金額は最安プランでも8,000円〜9,000円かかってしまうんですね。

自分だけ月額利用料が高いと思っていたんですが、そういうわけはないみたいですね。

 

では続いて、WiMAX2+のプロバイダおよび格安スマホのMVNO各社の月額利用料は次の通りです。

WiMAX2+の月額利用料

プロバイダ名

月額利用料
【通常プラン】

月額利用料
【ギガ放題プラン】

GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

\3,609

\4,263

BIGLOBE
BIGLOBE

\3,695

\4,380

Broad WiMAX
Broad WiMAX

\2,726

\3,411

UQ WiMAX
UQ WiMAX

\3,696

\4,380

@nifty
@nifty

\3,670

\4,350

PEPABO WiMAX
PEPABO WiMAX

\3,609

\3,609

So-netモバイル WiMAX2+
So-netモバイル WiMAX2+

\4,179

\4,379

格安スマホの月額利用料

MVNO社名

月額利用料
【スマホ無プラン】

月額利用料
【スマホ付プラン】

DMMモバイル
DMMモバイル

660円

2,235円〜

NifMo(ニフティ)
NifMo(@nifty)

700円

2275円

U-mobile
U-mobile

790円

2580円

もしもシークス
もしもシークス

×

2980円

Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobile

2980円

4,298円〜

So-net(ソネット)
So-net

×

4980円

 

解説

まず、インターネットはWiMAX2+を使えばいいので、格安スマホは最安プランで問題ないと思います。

ただ、できたらWiMAX2+は1か月の通信量が無制限の「ギガ放題」にした方がより良いと思います。

 

今使っているスマホを利用すると月に最低4,000円節約

それぞれ見てみると、スマホ無し、つまり今使っているスマホを利用して、WiMAX2+と格安SIMを契約した場合は大体月額4,000円前後で済みます。

 

なんと半額!!

 

スマホは大体2年契約なので、2年で4,000円×24か月=実質96,000円も節約になります!

繰り返しますが、あくまで少なく見積もっての差額なので、人によっては2年間で100,000円を大きく超えるほどの節約になるケースもあります。

 

スマホとセットでも毎月最低1,000円節約になる

また、スマホとセットのプランでも7,000円前後なので、これでも最低毎月1,000円以上は安くなります。

これも2年間で計算してみると1,000円×24か月=24,000円も節約です!

 

料金だけでいうとWiMAX2+と格安スマホに変えた方が確実に節約できますね!!

 

 

WiMAX2+で外でも高速インターネット!

 

格安スマホの回線はそこまで速度が速くなかったり、また不安定だったりします。しかし、WiMAX2+が使えるので、下り最大220Mbpsという高速で、かつ、安定感も格安スマホの回線よりかは期待できます。

また、WiMAX2+の最大の特徴でもある「外でも高速インターネット」という点が、実際に外で使う機会が多い格安スマホと相性が抜群に良いんです。

 

キャッシュバックと端末の買取で大金をゲット!

 

WiMAX2+と格安スマホに切り替えるのに、一番躊躇してしまう点として考えられるのが初期費用の金額ではないでしょうか?今使っているスマホが実際に大手キャリアでもMVNOでも、格安スマホは端末を分割で払うより一括で購入した方が長期的にみると安く済みます。

 

ただ、最新機種を一括購入するとなると実はかなり高額なんです・・・。

最新機種は10万円を超えるケースもありますので、乗り換えたいと思っても先延ばしにしようとしてしまったりします。

 

しかし、WiMAX2+では契約するプロバイダによっては20,000円〜30,000円程の高額キャッシュバックがありますし、MNVOでもキャッシュバックキャンペーンをやっているところもあります。

また、スマホについては買取してくれる業者がおり、人気のiPhoneなどは高値で買い取ってくれます。

 

この2つの方法で端末の一括購入の資金の助けはおろか、場合によっては高額な臨時収入になることもあります。

 

 

契約プロバイダおよびMNVOのお得なオプションが利用できる!

 

WiMAX2+では、プロバイダ独自のポイントが還元されるオプションやタブレットがもらえるプランなどを選ぶこともできます。

更にauの無料WiFiスポットも利用できます。

 

MNVOでも、セキュリティサービスなど、さまざまなオプションがあるので、契約時にはしっかり確認してみると良いでしょう。

 

 

WiMAX2+は自宅のパソコン、タブレットにも使える!

 

WiMAX2+は外はもちろんですが、自宅などの室内にあるPCやタブレットにも使用できます。もし、自宅がまだインターネット環境がない、または契約しようと検討している場合は、その分のコストも節約することができます。

 

 

WiMAX2+と格安スマホにすることでのデメリット

ここまでメリットをたくさん紹介してきましたが、ではデメリットはあるのでしょうか?無いといいたいところですが、実際には次のようなデメリットがあります。

 

スマホのスペックが落ちる

 

今自分が使っているスマホで格安SIMが使えない場合は格安スマホと格安SIMのセットのプランを契約する必要があります。しかし、電話・メールはもちろん、アプリなども利用できるので、それほど不満を覚えることはないかと思います。

 

更に、メリットのところで説明したように、スマホは端末だけ販売しているので、iPhoneなどお好きなスマホを個人的に探して買ってきたりすることもできます。

 

メールアドレスがない or 変わる

 

格安スマホは、ドコモでいう「dokomo.ne.jp」などのキャリア用のメールアドレスは基本的に用意されていません

ただ、これも最近は連絡のやりとりはLINEだったり、GmailやYahoo!メールなどの無料サービスを利用している方が多いので大きな問題はないかと思います。

 

<結論>デメリットはいずれも解決できる問題なので、やはり乗り換える方がお得

その他はこれといってありません!

 

上で説明した2つのデメリットについても改善方法はありますし、また、よく口コミなので言われているのが、格安スマホのMVNOの回線は不安定だったり、将来的には値上がりするのではないか、といった予想などがされていたりしますが、回線は基本的にはWiMAX2+をメインで使うので、全く問題はありません。

 

電話番号の移行も問題なし

また、よくある誤解として電話番号の移行(いわゆるMNP)についても、仮に今使っているスマホが格安SIMに対応しておらず、端末が変わることになったら電話番号の移行ができないのではないか、という点についても、電話番号自体問題なくは移行できるので大丈夫です。

 

よって、スマホをWiMAX2+と格安スマホに切り替えることはメリットばかりなので、今すぐ実行することをおすすめします!

 

更に極限まで節約したい人にはこんな方法も

料金を抑えるためにWiMAX2+と格安スマホにするので、「どうせならとことん極限まで節約したい!」という方もいらっしゃると思います。

 

そこで、更に安く抑えることができる究極の方法を紹介します。

 

自宅のインターネットを解約してWiMAX2+1本にまとめる

 

スマホの料金以外のところで節約する方法です。自宅でインターネットを契約している場合は、それを解約し、WiMAX2+を利用すればインターネットの料金が節約となります。

自宅のインターネットの料金は大体月に3,000円〜7,000円もかかるのでかなりの節約になります。

 

通話はLINEなどのアプリを使う

 

余計な通話料を節約するために、LINEやSKYPEなどの通話機能を持ったアプリを使うとかかる費用は通信料だけで済みます。通信については、定額かつ高速のWiMAX2+を使うので、通信料は気にせず、通話料をかなり安く抑えることができます。

 

機種変更して余ったスマホを活用する

 

これは究極の節約術と言えますが、スマホの機種変更をして以来使わなくなったスマホ。実はこれ、電話は使えないのですが、WiFiは繋げばインターネットが使えるんです!

 

繋ぐものは?もちろんWiMAX2+です!(ポケットWiFiでもOKです)

 

上のポイント1と2を併せて実行すると、実質かかるお金はWiMAX2+の費用だけです。